手汗多汗症の治療について【どうやって治す?】

手汗多汗症

現在の手汗多汗症治療法について記しています。
HOME >

肥満が原因である場合の手汗多汗症の治療法について

手汗多汗症の原因はたくさんありますが、その中の1つに肥満が挙げられます。

人間の恒温動物であることから、体温は常に一定です。

運動などで体温が上がると、発汗することで体温を調整します。

肥満体型の人は皮下脂肪が多いことから熱がこもりやすく、普通の体型の人と比較してもちょっとしたことで体温が上がってしまいます。

そこで手汗も頻繁にかいてしまうんですね。

この症状を改善するには体重を軽くするしかありません。

そこで食事療法が有効なんですね。

自分で行う場合は1日の食事メニューを振り返り、カロリーが多い揚げ物や脂っこい食品の量を減らして、野菜などを食事に取り入れることで効果が現れます。

食事療法に運動療法を組み合わせることで、さらに効果がアップします。

またトレーニングすることで自分に自信がつき、精神面か原因の手汗も改善することができます。

女性が手汗多汗症で悩んでいる場合の治療法について

女性が手汗多汗症で悩んでいる場合はストレス以外にホルモンバランスが崩れている可能性があります。

ストレスが原因の場合は適度に運動したり、リラックスすることで症状を緩和することができます。

一方ホルモンバランスが崩れている場合ついてですが、実は女性は年齢を重ねていくごとに女性ホルモンの分泌量が低下していきます。

それにより体温調整がうまくいかず手汗をかいてしまうんですね。

このような場合の治療法として、体質改善を目的とした漢方薬療法があります。

桂枝茯苓丸という漢方薬を服薬することでホルモンバランスを調整することができます。

それ以外にも病院でホルモン療法を受けることも有効です。

手汗多汗症対策には「共感」することが有効である理由について

手汗多汗症で悩んでいる人は自分が嫌われてしまうことに不安を感じています。

その不安がさらに交感神経を活発にして、手汗をひどくしてしまいます。

そのような人達には人と話すことをすすめます。

人と話して苦しみを共感することで、手汗の原因であるストレスを軽減することができるんですね。

実際にインターネットで募集をした「手汗オフ会」では、手汗で悩んでいる人たちが集まり情報交換や悩みの共感等を行っていました。

そして参加者のほとんどが「悩んでいるのは自分だけじゃない」と感じ、気持ちが楽になったようです。

このように手汗多汗症で1番よくない事は、悩みを1人で抱えてしまうことです。

そこで多くの人と共感することで安心感を得て症状を緩和することができます。

もし人と話すことが苦手な人でも、インターネットの専用掲示板に書き込んで共感を得ることでも症状を改善することができます。

手汗多汗症、手汗多汗症、手汗多汗症



Copyright (C) 2014 手汗多汗症の治療について【どうやって治す?】 All Rights Reserved.